子供の死生観

人間は、生から始まり死に終わります。誰もが、「死」に関することを、実体験やメディア等様々なものから学び、体験しますが、皆さんは「死」について考えたことはあるでしょうか。そして、最初に考えた日はいつだったでしょうか。

この世に生きている生物の中で、「死」について考えることができるのは人間だけです。虫や動物、植物などにも生命は存在しますが、自分の終わり、「死」について悩んだり、不安に思ったり、死後の世界を信じたりと「死」に関することに思いを馳せるのは人間しかいません。

アスタキサンチンの情報満載のサイトはこれ(URL

だからこそ、人間は自分の人生を大切にできる、そして幸せになりたいと思えるのだと私は思います。しかし、大人が「死」について考えることと、子供が「死」について考えることは同一ではありません。大人は今までの様々な経験から、より深い「死」についての思いを表すことができますが、子供は「死」について、理解も少なく、大人に質問したりするということも少なくはありません。親はどのように伝えたらいいのかと悩むこともあるのではないでしょうか。

未成年が自身で命を絶つという、とても悲しい出来事も現代では少なからず存在します。そこで、子供が思う「死」についての認識や、考えていること、死後の世界を信じているか等、お話していきたいと思います。今、子供たちがどのように、死について考えているのか、どのように受け止めているのかを知ることで、生命の大切さや、生きることの素晴らしさを教え、教育していくことができるのであれば、こんなに有意義な「授業」はないと私は考えます。

ぜひ、子供たちの死生観を少しでも感じ取って、これからの子供たちの未来で、自分の命を大切にするということを第一に考えていけるような、そんな価値観を子供に伝えるべきです。よって、子供の死生観を理解した上で、死とはどのようなことなのか、生きるとはどのような事かということを伝えるにはどうすればいいのかをお話していきたいと思います。